住宅改修の流れ

豊富な経験・知識により住環境をトータルコーディネートいたします。

利用者はもとよりご家族(介護者)にとっても住みやすく、ヘルパーや看護師の方など専従事業者様にとっても介護しやすく互いに負担のすくない住環境造りが、介護家庭における最初の課題ではないでしょうか。キヨタでは、建築士系と医療系の福祉住環境コーディネーターがそれぞれの得意を生かし様々な提案し福祉用具専門相談員と連携を図りながら皆さまの住環境をサポートいたします。ここでは、住宅改修の流れについてご紹介いたします。

住宅改修の流れ

1.利用者の身体状況の確認と、セラピスト(PT・OT)による家屋評価の実施

身体機能や運動機能を元にお体の事をお聞きし、利用者様自身が持っている能力を見出し、ご自信で出来ることの範囲を互いに共有、認識します。場合により関係機関と連絡をとり 評価表を確認することもあります。
さらにここで(忘れがちですが)介護される方のお体の状況もあわせてお聞きします。

また、病気や怪我を煩って入院や通院を行っている時には、主にリハビリを担当している先生へお願いして、お住まいの環境を相談をすることもあります。(家屋評価)

↓

2.ご要望の確認(ご利用者様、ご家族)と介護支援計画(ケアプラン)の作成

ご利用者様と、その御家族のご要望をお聞きし、さらにケアマネージャー、関係機関の方と一緒に介護支援計画(ケアプラン)を作成していきます。

↓

3.改修場所と福祉用具の検討

介護支援計画(ケアプラン)に基づき、福祉用具で対応するのか改修工事を行うか慎重に
検討しご利用者様や介護される方に最適な方法を検討します。

↓

4.改修プランの作成・検討

改修工事を実施する場合、介護支援計画(ケアプラン)、家屋調査(現場調査)、に基づいて、住宅改修プランを作成します。ご利用者様、御家族様とも改めて打合せを行い、ご納得いただいた上で、最適な住宅改修プランを作成します。


この際に詳細なお見積り、施工スケジュールなどもお話させていただきます。
※専門的な改修プランも有資格者(建築士、福祉住環境コーディネーター)が責任をもって対応します。

↓

5.理学療法士・作業療法士・工務店によるプランの検討

介護保険の住宅改修費支給の事前申請を行います。
ご利用者様宛にに事前承認通知書が届きます。
※申請方法は各市町村によって異なります。

↓

6.施工

経験豊富な職人がきっちり施工します。

施工管理はキヨタのスタッフが責任を持って行いますので、
改修工事途中での御相談もお気軽にどうぞ。

↓

7.完成後のフォロー

改修工事終了後も、電話や訪問などで、使い勝手やご利用状況の確認(フォロー)をさせていただいております。

ご利用者様はもちろん介護される方のお体の変化に合わせ、最適な住環境の実現を引き続きフォロー、提案させていただきます。

お問い合わせ

お電話の際は「ホームページを見た」と一言お伝えください。
営業時間(月〜金 9:00〜17:30)外はお問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせについてはこちら