階段

階段の『見えない障害』を改善します。

家の中は実は、安心できない要素がいっぱいです。ここでは、階段の障壁(バリア)を解消するための福祉用具・介護用品や住宅改修・介護リフォームについてご紹介します。

階段の住宅改修・介護リフォーム事例

生活範囲及び自立拡大のリフォーム

改修前

生活範囲及び自立拡大のリフォーム-改修前

階段に付いている角型形状の笠木を手すりの代わりに使用されていて、階段を上り下りする際は、手すべりが良いため丁度具合が良いというお話を聞いていました。

ただ、病気やその後遺症によってお身体が変化した状態でも、つかむことができる手すりが必要とのことでご依頼をいただきました。
「これからは、体重を過大にかけることになりそうだ」とのことでしたので、その対策が課題となると感じていました。

↓

改修後

生活範囲及び自立拡大のリフォーム-改修後

今回私たちは、“クネクネ”と連続する特殊形状の手すりを選びました。

この手すりの特徴でもある、ゆるやかな傾斜の部分をつかむことで、体重も乗せやすく、下方にも滑ることはありません。

この手すりは、通常ものよりも手や腕の負担を軽減することができるので、最後まで安定した移動ができるようになったという喜びの声をいただくことができました。

住環境コーディネーター・建築士からのワンポイントアドバイス!!
階段に付ける手すりは一般的に降りる時のことを優先して選ぶ事が多いです。

それは、足を下ろす動作は上る時に比べて、下肢筋力の負荷が大きく、さらに姿勢を保持するバランスがより必要となるためです。

その他に「見下ろす」という視覚的な不安も手伝い、強い恐怖感を持つ方もいらっしゃると考えております。

どんな場合でも、一人ひとりの個性に合わせることが最も重要な事です。階段の手すりは、プランニングも難しいですが、施工の難易度も高いので、専門の業者に相談しましょう。

キヨタだからできる、福祉用具と住宅改修のトータルコーディネート 用途や必要とされるシーン別に福祉用具や住宅改修をご案内!

  • 玄関・アプローチ
  • 居室
  • 廊下
  • 階段
  • 浴室
  • トイレ
お問い合わせ

お電話の際は「ホームページを見た」と一言お伝えください。
営業時間(月〜金 9:00〜17:30)外はお問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせについてはこちら