メールでのお問い合わせはこちら

24時間受付 / 回答:平日AM9:00〜PM5:00

03-3798-3617

福祉用具開発事業

HOME / 福祉用具開発事業 / ヘッドガードフィット(頭部保護帽)

ヘッドガードフィット(頭部保護帽)

HEAD GUARD
業界トップクラスのシェアを誇るキヨタのヘッドガード

キヨタは20年以上に渡る商品企画・製造の歴史の中で、お客様の声をもとに形状・素材を選定して製造しております。業界No.1のキヨタのヘッドガード(頭部保護帽)はデザインもさることながら、通気性や衝撃吸収力などの機能性に富んだ製品です。

ヘッドガードフィット(頭部保護帽)
3つのポイント!
FEATURES
強いのに軽い!

従来の革素材からポリエステル生地にすることで、15%以上軽量化いたしました。もちろん衝撃吸収性試験を経ており、革製品と強度は変わりません。

柔軟なカスタマイズ

豊富なオプションパーツの組み合わせとかぶりの深さまで調整できる機構により、利用者の変化(成長)にあわせてご利用いただけます。

クリーンで清潔!

ポリエステル生地を使用する事で通気性Up!手洗いもできますので、常に衛生的に保つことができます。

商品一覧
PRODUCTS
デフォルト画像

ヘッドガード ライト

KM-50
デフォルト画像

ヘッドガード フィット

KM-30
デフォルト画像

ヘッドガード フィット

KM-400
デフォルト画像

ヘッドガード フィット

KM-30J
デフォルト画像

ヘッドガード フィット

KM-400A
ヘッドガードフィット開発への想い
STORY
開発のきっかけは「お子様の成長に合わせてより快適に、お求めやすく」との想いから

身体障がい者用物品をはじめ、ヘッドガードにも耐用年数期間があり、購入後3年は給付が利用できず、期間内の買い替えは全額自己負担になります。これでは日々症状が変わる方や頭の形状そのものが大きく変わる成長期の障害を持ったお子様にとって、すぐ身体に合わなくなってしまいます。 また、特注の作成では時間も費用も掛かってしまい、体に変化があると特注故に使い勝手が悪くなる恐れもあります。 これらの問題解決のため、調整幅が多い『”セミオーダー感覚”で利用できる商品を開発したい』と思い立ちました。

従来の革から新素材採用で、強度そのまま機能性向上を実現

ヘッドガードフィットは利用者の状態に合わせて『頭囲』、『かぶりの深さ』の調整ができ、別売りの頬パッド、頭囲パッドを取り付けることで『保護範囲』、『保護機能』を変化させることができます。「パッド類は保護帽本体の内側に任意の位置で取り付けることが出来ます。また、保護帽本体には柔らかさと反発係数の違う2層構造にすることで、厚みを抑えつつ衝撃吸収力を向上させました。長時間の装着にも耐えられるよう軽さや通気性にも配慮し、また衛生的に使っていただけるようご家庭で簡単に洗濯が出来る設計になっています。

利用者の声をヒアリングして試行錯誤

開発中は社会福祉法人施設や特別養護学校に通って、保護帽を必要とする方に着用していただき、普段の生活習慣を拝見させていただいたり、介助スタッフや先生のご意見を伺いブラッシュアップしてきました。 ベースの保護帽を活かしてオプションパーツを取り付けることで様々な用途に対応できたり、かぶりの深さ調整で最適なフィット感を得られるヘッドガードは他になく、最終段階では多くの賛同をいただくことができました。

停滞した福祉用具・介護用品に変化を

時代はおおきく変わっているのに、福祉用具や介護用品の業界はなかなかイノベーションが起こっていないな、と思ったんです。これからも障がいを持つ方やお年を召した方、誰もが快適にいきいきと過ごせる毎日を願って、さらなる商品開発に努めていきたいと思います。

よくある質問
FAQ

弊社近隣の方は本社にお越しいただければ現品をご確認いただけます。※要予約
遠方の方は最寄りの福祉用具販売店をご紹介いたします。対応方法についてはご紹介業者様とお打合せいただきます。

障害者日常生活用具の給付(頭部保護帽)の制度をご活用いただけます。詳しくはお住まいの自治体の障害者支援窓口にお問合せ願います。

頭頂部の形状が異なります。KM-30は十文字、KM-400は縦に3本の保護材を配置しています。KM-400の方が保護面積が広くなります。

第三者機関による『落下衝撃加速度試験』に基づく衝撃吸収性試験の結果、一般的な帽子と比較して重症化リスクを1/31程度に軽減(KM-30ヘッドガードフィットの場合)できたことを確認しております。

ヘッドガード フィットにおいて前頭部・側頭部・後頭部は約2cm、頭頂部は約1cm、オプション品の頬パッドは約2cm、頭囲パッドは約3cmとなります。

福祉用具・介護用品の開発・製造についてお気軽にご相談ください

福祉用具は"特殊なもの"と見られがちですが、高齢化が進む今日、決して特殊なものではありません。生活の中に溶け込むような自然なデザインと優れた機能を持ち、もっと気軽に使える工夫が盛り込まれた商品が求められています。"こういう商品があったらいいな"というイメージがございましたら、是非一度、お気軽にご相談ください!

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

受付時間 / 平日AM9:00〜PM5:00